黒にんにくの効果を徹底検証!黒にんにく健康生活ガイド

黒にんにく TOP > 黒にんにくの効果を高める摂り方や効果的なタイミング

黒にんにくの効果を高める摂り方や効果的なタイミング

黒にんにくの効果を高める摂り方や効果的なタイミング

黒にんにくはニオイを気にせず
いつでも好きなときに食べられるのが魅力!

黒にんにくに興味はあるけれど、まだ食べたことがない。そんな方が気になるのは「本当に自分でも食べられるのか」ではないでしょうか。にんにくといえば、なんといっても一番気になるのが強烈なニオイです。

にんにく特有のニオイが苦手で食べられない方もいるでしょうし、ニオイそのものは大丈夫でも仕事柄接客などが多く口臭が気になる、という方もいます。それに、せっかくの健康食品なので毎日食べたいものですが、習慣化するなら朝、という声も私の周りでは多く聞かれました。そんな方にとって朝からずっと口臭が残り続けるのは困りますよね。にんにくが高い栄養価を持つのになかなか私たちの生活に浸透しないのは、やはりこういった食べにくさが影響しているのは間違いありません。

ですが、黒にんにくなら熟成の過程でニオイのもとになる成分がなくなるので、にんにくが苦手で毛嫌いしていた私でも全然気にせずに食べることができました。よく嗅げばニオイもわかりますし、意識していると食べてから30分くらいは臭う気もするのですが、ほとんどわかりません。どうしても気になる場合は寝る前に食べれば朝起きたときニオイは消えていますし、食事で料理に使うのもおすすめです。

黒にんにくの食べやすさはニオイのなさと、こういったいつでも食べることのできる柔軟性にあると思います。おやつ感覚で1片を食べてもおいしく、一方で料理にも使えます。どの時間帯にどんな方法でも食べられる、これは非常に大きなメリットなのです。

疲れを感じたときに食べると
疲労回復効果が高まる?

黒にんにくに疲労回復の効果が期待できることは、「黒にんにくで驚きの快眠効果を実感!寝起きがスッキリつらくない」の「疲労回復による寝起きスッキリ効果」でもお話ししましたね。黒にんにくに含まれている豊富な栄養は身体を健康に保ち、元気にしてくれるものばかりなのですが、疲労回復を目的に食べるのであれば特におすすめなのが疲れを感じたそのときに摂取することです。

よく疲れを感じると栄養ドリンクを飲んで少し元気になる、といったことがあると思うのですが、黒にんにくも同じように疲れを感じた際の栄養補給感覚で食べることで効果が高まるのです。というのも、「黒にんにくで驚きの快眠効果を実感!寝起きがスッキリつらくない」の「血行改善による不眠解消効果」でお話しした通り、黒にんにくには血液の循環を促進し血行を良くする力もあります。血流が良くなると身体が温まりますし、血液に乗って栄養も身体全体に行き渡るようになります。これにより疲労の軽減、回復が見込めるのです。

疲れを感じたら我慢せず、黒にんにくを一口食べるようにすると疲労を溜め込まないで過ごすことができそうですね。

寝る前に食べると抗がん効果が高まる?

寝る前に食べると抗がん効果が高まる?

黒にんにくには様々な健康効果が期待されていますが、中でも最も注目を浴びているのはがん予防についての効果ではないでしょうか。がんは日本人の死亡原因の第1位で、現代では2人に1人ががんにかかるともいわれています。最近では早期発見できれば治療できるようにもなってきましたが、治療の難しさは依然として変わっていません。

だからこそ、がんは予防が大切とされています。そこで、アメリカのデザイナー・フーズでがん予防効果がある食べ物として取り上げられたにんにくが脚光を浴びたこともありました。そして、黒にんにくはがん予防効果がさらに向上しているのです。

ですが、可能なら黒にんにくの持つがん予防の力を最大限引き出したいと思いますよね。そんな方におすすめなのが、寝る前に黒にんにくを食べることです。上で食べるタイミングはいつでもいいと書きましたが、がん予防に着目した場合、「NK(ナチュラルキラー)細胞」との関係が重要になります。NK細胞はガン細胞を除去する頼もしい味方で、黒にんにくを食べることでNK細胞を活性化させることができます。しかしNK細胞は夜23時以降は働きが鈍るといわれており、一方でガン細胞は夜間に活発になることから、寝る前に黒にんにくを食べてNK細胞を元気にしよう、というわけなのです。

食べるタイミングは基本的にいつでも構いませんが、工夫することでもっと健康的な生活を送ることができるようになる可能性があることは知っておいて損はありませんよね。黒にんにくを有効に摂取して老後も元気に過ごしていきたいものです。

time

▲ このページの先頭へ